Home     RSSRSS

風俗嬢になるなら・・・

風俗で働いていることがバレてしまうのはこんな時

風俗のお仕事を始めようと決心した女の子に聞いてみると、親やまわりの人たちに、風俗店のお仕事をしていることがバレるのが心配という人が多いんです、もちろんはじめから風俗のお仕事をしていることを打ち明けていればこんな心配をする必要はありませんが、なかなかそうはいかないことが多いんですよね。
風俗のお仕事は他のアルバイトと違いますから、出来れば誰にも内緒にしておきたいと考えるのも当然です、でもどうして風俗のお仕事をしていることを隠しているのに「親バレ」や「彼バレ」してしまうのか不思議だと思いませんか?どうやら風俗で働いていることが家族や周りの人にバレてしまうことには原因があるみたいなんですよ。
熊本風俗求人15naviで紹介されていたのでご紹介しますが、たとえばあなたが風俗のお仕事をしていることを内緒にしていてお店に出勤している時に、なにか急に連絡しなければいけないことがあって携帯やスマートフォンにかけても全然繋がらないことがあったら、たまたま電話に出られなかったとゴマカしていても、それが度々では不審に思われてしまうのは仕方ないですよね。
風俗店で働いていることがバレてしまうことには、「急に連絡しようとしても繋がらない」と言う事が原因になってしまうことが多いんです、これを防ぐためには、あなたが風俗店で働いている間は、かわりに電話の取次や応対をしてくれる「アリバイ会社」を利用するのが一番安心です。
最近ではキャバクラのお店や風俗店などで、在籍している女の子たちのアリバイを作ってくれるサービスを行なってくれるところも増えてきているようですから、面接に応募するときに親バレや彼バレの心配がある人は相談してみるとよいでしょう。
これから風俗のお仕事を始める女の子たちが、風俗のお店で働いていることを一番隠しておきたいのは、彼や一緒に生活しているパートナーの男性なのではないですか、風俗のお仕事をしているとハッキリ言ってHの回数が減ってしまいます、男性は女の子のちょっとした変化に意外と敏感に聞い付いてしまうので要注意なんですよ。
でも、風俗のお仕事をしていると敏感な部分をいつでも触られたりするために、赤く腫れ上がってしまうこともしょっちゅうですし、乱暴な男性客のお相手をした後には出血してしまうことだってありますから、どうしても彼とのHに積極的になれなくなってしまうのです、いくら好きな彼が相手でも、デリケートな部分が痛い時にはそんな気分になれないのは仕方ないですよね。
また、風俗のお仕事をしている女の子には、お肌の乾燥が原因で起こる「肌トラブル」で、風俗店で働いていることがバレてしまうことがありますから気をつけなくてはいけませんよ。
風俗店ではお店のシステムにもよりますが、男性客の指名が入るたびにプレイの前と後に二回シャワーやお風呂で体を洗うことになるので、どうしてもお肌が乾燥してしまうことになります。
それに風俗のプレイをするときにはヒザを立てて接客することが多いために、膝の部分の角質が黒ずんでしまうことがよくあります、それを見て「この人は風俗の仕事をしているんじゃないかな?」と気づく人もいるそうですから、普段からヒザの黒ずみには注意しておかないといけませんよ。すすきの・札幌風俗求人15naviには美容特集もありましたので、そちらも参考になりますよ。

最近は美容外科などで肌のメンテナンスをする人も多いようですが、お金が掛かるのでなるべく自分で対策をするのがオススメです。風俗で働いたからといってムダ使いはNGですよ。

 

知っておきたい性感染症の見つけ方

風俗のお店には毎日たくさんの男性客が女の子たちと楽しむためにやってきます、その中にはもしかすると性感染症にかかっている人がいるかも知れません、風俗のお仕事をしている女の子たちは、性感染症についてもっと知っておいたほうが良いと思います。
それに万が一自分を指名してくれた男性が、自分でも気が付かない間に性感染症にかかっている場合もありますから、自分の体を守るためにも性感染症の見つけ方も知っておきましょう。

私は錦糸町風俗求人15naviの性感染症特集で勉強しましたよ。求人サイトで性感染症の特集なんて、女の子の働く気を削ぐ可能性もあるなかで掲載できるのは、とても真面目なサイトなのだと思います。こういったところをみても、15naviの系列はどの地域も女の子のための記事も多いですし、とても安心して利用できますね。
さて、風俗店で働いている女の子が感染してしまう危険のある性感染症には、次の「クラミジア感染症」と「淋病(りんびょう)」の二つがあります、性感染症の多くがコンドームを使用することで感染することを防ぐことができますから、接客するときに当てはまることがあったら要注意です。
「クラミジア感染症」
クラミジア感染症は日本人に一番多い性感染症だと言われています、とくに最近では若い人たちの間でクラミジア感染症にかかっている人が増えているそうですから、風俗店で働いている女の子たちも、クラミジア感染症に感染してしまう危険が最も高いということです。
クラミジア感染症になってしまう原因は、主に体の粘膜からウィルスが侵入してしまうことだと言われています、実際に風俗店で行われている風俗プレイで思い当たるのは、「クンニリングス」と「フェラチオ」のプレイですね、どちらも口やデリケートな部分の粘膜を直接触れ合うことで、簡単にウィルスが侵入してしまう危険があるんです。
クラミジア感染症を予防するためには、ゴム無しのフェラチオは絶対にしないということと、直接口をつけて行うクンニリングスは遠慮してもらうように男性客に言っておくようにするということです。
クラミジア感染症にかかっている男性は、ペニスから透明の粘液がにじみ出ていることで分かります、シャワーに入るために着替えを手伝って上げる時に、下着の裏側に粘液がついていないか確認するようにして、クラミジア感染症にかかっていないか確かめるようにしてください。
「淋病(りんびょう)」
淋病もコンドームを使用してプレイすることを守っていれば、簡単にウィルスが侵入してしまうことを防ぐことができます、風俗店の中には素股プレイや指入れプレイなどのハードなプレイを売り物にしているお店がありますが、そんな時でもコンドームだけは絶対つけてもらうようにしてください。
淋病にかかっている男性は、シャワータイムの時にペニスの根本から先端に向かってしごくようにすると、淋病独特の強い痛みを感じることが多いのですぐに分かります、もしも体を洗っている時に、男性客がペニスを触られることを極端に嫌がる場合も、同じように淋病にかかっている可能性があります。
普段何気なく接客している男性たちがもしかすると悪意がなくてもあなたに性感染症をうつしてしまう危険がありますから危険がありますからしっかり覚えておくようにしてくださいね。

 

Comments are disabled